株式会社グレース

旭川で高齢者や障害者のデイサービスやグループホームを提供しています。

記事インデックス

記憶になければ、その人にとって事実ではないこと

認知症 物忘れがひどくなって同じことを繰り返したり、家族の顔や自分の家が分からなくなる…
そんなことが、身内で起ったとき、誰であっても、
「そのことをどう理解したら良いのか。」
「どう対応したら良いのか。」
混乱し動揺することは必至です。
そんな時のために、心得ておきたいポイントを理解し、
備えてまいりましょう。

1.ひどい物忘れ(記銘力低下)

記銘力とは:見たこと、聞いたこと、体験したことを直ぐに思いだせる力

認知症 認知症が始まると、先ずこの記銘力の低下が顕著に見られます。 つまり、ひどい物忘れが起り始めるのです。 同じことを何十回、
ときには何百回と繰り返します。
しかし、物忘れのために同じ事を繰り返すのは、認知症の人ばかりではありません。
外出時に、カギをかけた次の瞬間に、本当にカギがかかっているかを確認します。
気になることを確認するため、繰り返す行為は人間の本性なのです。
認知症の人だけが異常であると考えないことが大切です。

2.全体記憶の障害

出来事全部をスッポリと忘れてしまう

認知症 私たちの記憶はとてもはかなく、重要でない事柄のほとんどは記憶にとどめることができません。 認知症が始まると、自身が体験した全体の出来事をスッポリと忘れるようになります。 このとき、私たちは否定や嫌悪感をもって対処するのではなく、
当事者を認めたうえで行動を促していくことが肝要になります。

 

3.記憶の逆行性喪失

その人の現在は、最後に残った記憶

地域社会と和が家 蓄積されたこれまでの記憶が、現在から過去にさかのぼって失われていく現象をいいます。 つまり、その人にとって最後に記憶が残っているところが、現在の時点になっています。 仮に、30才の記憶が最後に残っていた場合は、当事者の30才に戻った行動が見られるのです。 また、幻覚・妄想と呼ばれる症状も、認知症の人の体験や思考の、断片的な世界と捕えると、 決して異常な世界ではなくなります。性的異常行動もこのことを理解しておくと、異常とは思えなくなります。


認知症の人の気持ちや置かれている世界を理解することは、とても大切なことです。


アクセスカウンター

本日本日47
昨日昨日108
今週今週322
今月今月4483
全体全体432161