株式会社グレース

旭川で高齢者や障害者のデイサービスやグループホームを提供しています。

記事インデックス

記憶障害とならんで、表面化する症状

和が家 時間や季節感の感覚が薄れる

  • 予定にあわせて行動することができなくなる
  • 季節感のない服を着たり、
    自分の年がわからないなどのことが起る


迷子になったり、遠くへ行こうとする
  • 近所で迷子になる
  • 夜に自宅のトイレの場所が分からなくなる
  • 歩いて行くことが困難な場所へ歩いて出掛けようとする



和が家 人間関係における見当識
  • 現在の年月、時刻、自分がどこにいるのかなどの基本的な状況を把握することができなくなる

物事を考えることにも支障をきたす

▼考えるスピードが遅くなる
和が家 【ポイント】
裏をかえすなら、時間さえかければ自分なりの結論に
至ることができます。急がせないことが大切です。



▼2つ以上のことが重なるとうまく処理できなくなる
和が家 【ポイント】
1度に処理できる情報の量が減っています。念を押して、
情報を過剰に与えると逆効果となり、
ますます混乱を招きます。
シンプルな表現で、1つのことを伝えていくことが重要です。


▼変化に混乱を来しやすくなる
予想外のことをきっかけに認知症が発覚することがあります。
和が家 【ポイント】
補い守ってくれる人がいることが大切です。




観念的事柄と、具体的な行動が結びつかなくなる
台風がくるから外にでてはいけないことと、散歩に出掛けることの具体的な事柄とが結びつかなくなります。

感情の表現に変化

和が家 その場の状況、言葉の流れを読みきれない周囲の人が予測しない、思いがけない感情の反応を示すことがあります。



実行機能障害

認知症 抽象概念と具体的行動が結びつかなくなり、
実行機能に障害をもたらす
ボタン操作で動かす家電機器など、
機械がもたらす結論と、
ボタン操作が結びつかなくなることによって
起こる実行機能(遂行機能)の障害

元気がなくなり、引っ込み思案になることもある

和が家 抽象概念と具体的行動が結びつかなくなり、
実行機能に障害をもたらす
自信を失い、すべてが面倒になる
将来の望みを失って、うつ状態になる場合もある


アクセスカウンター

本日本日47
昨日昨日108
今週今週322
今月今月4483
全体全体432161